句集『異地』杉浦圭祐

「熊野」といわれている紀伊半島のエリアに、ここが熊野、これが熊野、という特定される場やものはない。あの山か、あの滝か、あの社か、あの辻か、あの気配か。記紀伝承の昔から、蟻の熊野詣の昔から、人々が育んできた熊野とはそんな概念の熊野である。長く通った「熊野大学」での放課後的ある時、「概念の熊野」について中上健次さんと話し込んだことがあった。今、杉浦圭祐さんが『異地』と名付けた句集を前に、あの日のことを思い出している。

宇多喜代子「序」より

句集『異地』 杉浦圭祐
発 行:現代俳句協会
装 丁:中山銀士(協力=金子暁仁)
発行日:2021/01/15
ISBN :978-4-909520-20-3
価 格:1,500円+税


>>GHOC 現代俳句オープンカレッジ講師ページ
>>ご連絡